MENU

BBクリームがドロドロになってしまう時は

BBクリームは、簡単でメイク時間の節約ができる上に、うるおいとカバー力があるので、とても便利な化粧品ですが、時間がたつと、テカったり、ドロドロになってしまったりする、という方も多く、上手なつけ方を知らないまま、敬遠してしまう人が多いのです。ドロドロになってしまう理由を知って、上手につけることができるようになると、大変きれいで、便利な化粧品です。

 

BBクリームのムラやヨレ、ドロドロが起きるのは、肌にのせるクリームのつけすぎや量の偏りが原因になっていることが多く、つけすぎると、なだれのように崩れてくることがあります。なぜ、つけすぎてしまうかというと、クリームの伸びが悪いことが原因になっていることがあります。

 

肌が乾いている場合、肌表面の角質のおうとつが多く、クリームが引っ掛かってしまい厚塗りになってしまうことがあります。また、肌が乾燥していると、肌の細胞がこれ以上乾燥しないように油分を過剰に出すので、余計崩れやすくなるのです。

 

また、手軽だからと、ささっと急いでつけすぎることも厚塗りの原因になります。のびが良くないクリームは特に、指の腹を使って、クリームを温めながら、少量ずつ伸ばすことで、薄く、きれいにつけることができます。保湿をしっかりして、肌に化粧水が浸透してから、クリームが温まるように塗ると、崩れを防ぐ効果が高くなるのでおすすめです。