MENU

BBクリームの歴史を知る

BBクリームの歴史は、1980年代にドイツから韓国に伝わってきて、その頃は化粧品としてというよりも医薬品として使われていました。
ピーリングなどの施術を行った後は、お肌が過敏になってデリケートになっているため、BBクリームは傷やダメージを修復する作用があるため、お肌を保護したり、補修をするために使われていました。

 

韓国では数多くの商品が販売されていますが、日本でも1990年頃から人気が高くなっており、国内で製造している商品も数多く販売されています。

 

化粧品にあまり詳しくない人でも、BBクリームには優れた保湿効果やUVカット効果があることは知られています。
従来のファンデーションとは違って、化粧下時や日焼け止めなどを使用する必要がないため、朝の忙しい時間でも、メイクの時間を大幅に短縮できますし、仕上がりもしっとりとしていて、カバー力が高いのが特徴になっています。

 

現代はリーズナブルな価格で、上質な素材を使用した商品が数多く販売されているため、20代から60代の人まで幅広い年代の方に人気の高い化粧品になっています。
豊富なカラーが揃っていますし、優れた保湿効果があるため、長時間使用していてもお肌に負担が少ないのが優れた点です。